夢見る税理士の独立開業繁盛記

神戸市東灘区で開業している駆け出し税理士の、試行錯誤日記

会計

退職給付引当金が難しい?

前回に引き続き、会計のお話。 信用保証料割引制度が変わって平成24年4月1日以後終了事業年度より、中小企業の会計に関する指針の適用による割引制度が変更になり、日税連形式の「中小企業の会計に関する指針の適用に関するチェックリスト」58項目のうち…

エクセルで「中小企業の会計に関する基本要領チェックリスト」

2月1日に中間報告が出ていた「中小企業の会計に関する基本要領」ですが、先日日税連でこれに準じた「中小企業の会計に関する基本要領の適用に関するチェックリスト」が公開されていたので、エクセルにしてみました。 「Yes」と「No」をマクロのボタンで選…

「法人税、住民税及び事業税?」、「法人税等?」

先日書いたこちらの日記 「中小企業の会計に関する指針の適用に関するチェックリスト」をエクセルで作ってみました につき、ベテランの税理士さんからコメントをいただきました。ありがとうございますm(_ _)m。 「法人税・住民税は「法人税、住民税及び事業…

チェックリストのメリット

前回の日記で書いた、エクセルの「中小企業の会計に関する指針の適用に関するチェックリスト」。 こちらのメリットですが、一番活用できる機会が多いと思われるのは、信用保証協会の保証料率が0.1%下がることでしょうか。 次の兵庫県信用保証協会のホームペ…

「中小企業の会計に関する指針の適用に関するチェックリスト」をエクセルで作ってみました

最近連続で作成の依頼を受けることがあったので、マクロに対応した日税連形式の「中小企業の会計に関する指針の適用に関するチェックリスト」をエクセルで作ってみました。 マクロに対応したと言っても、「Yes」・「No」の○をボタンで選ぶことができる…

「借入金返済予定管理シート」を作ってみました

お客様の経理の方から、「借入金の返済予定や減り具合を社長に説明したいのですが・・・」という相談をいただくことがあったので、将来にわたっての元本や利息の支払額や残高の月次推移を、一覧表とグラフにできるエクセルファイルを作成してみました。 次の…

借入金残高が多いか少ないか判断するのは?

先日お客様の経理の方と話していると、「借入金の残高が多すぎるのかどうか判断する基準とかあるのでしょうか?」と聞かれることがありました。 借入金残高の考え方は色々あると思いますが、一般的で簡単な方法は決算書の「税引後当期純利益+減価償却費」が…

ゆうたこくりがいひきしゅうた…

所有権移転外ファイナンスリース資産を資産計上した場合の決算書の注記、範例が見つからなかったので、内容が分かればいいかと自分で次のように作ってみました。 固定資産の減価償却の方法 有形固定資産(リース資産を除く) 法人税法の規定による定率法 リ…

個人事業と資金繰り表

個人事業の方に月次の試算表を説明していると、「損益計算書もいいけれど、現金ベースの増減も知りたいな」と言われることがあります。 そんな場合、弥生会計の実績資金繰り表のデータから、下記のような帳票を作成して説明するようにしています。 弥生会計…

役員貸付金は解消するのが大変

時々聞かれて悩むのが、「役員貸付金を解消させるいい方法はない?」という質問。 昔、与信管理の仕事をしていたころにも得意先の決算書を審査する際に、「中小企業の貸借対照表に載っている貸付金にはろくなものがないから・・・。」と特に注意するように言…

B/S残高を合わせておけば、大きなミスはない

決算を組みながら、ふと会計事務所での勤務時代、ボスに「B/S残高を月次で合わせておけば大きなミスはないから、月次チェックではB/S残高はきっちり合わせておくように」と言われたことを思い出しました。 ボスいわく、「通常の取引の仕訳だと、ほとんど左右…

役員借入金は短期と長期、どっちがいい?

決算を組みながらふと思い出したのが、会計事務所に勤務していたころ「役員借入金はできるだけ、短期より長期にしておくように。」と言われていたことです。 そのこころは「金融機関はとりあえず始めに、決算書の数字をソフトに打ち込んで機械的に財務指標を…

やっぱり直接法じゃないと・・・

先日、「売り上げは段々落ちてきてるけど、資金繰りはそれほど厳しくなってないような気がするんだよね。なんでやろか?」と聞かれることがありました。 こういう場合、資金繰り表か直接法で作成した月次キャッシュ・フロー計算書があればわかりやすく説明で…

IFRSの正体は妖怪?

ここ5年来購読している「税務QA」という税務雑誌があるのですが、その中で楽しみにしているものに公認会計士の田中義幸先生の「会計ビッグバンの闇」という連載があります。 NPO法人関係の講座で田中先生の講義は聞いたことがあるのですが、話しぶりも…

決算日はいつがいい?

会社を作ろうとする方に聞かれていつも「うーん」と思ってしまうことに、「決算日はいつがいいのか?」ということがあります。 答えとしては「いつでもいいですよ」ということになるのですが、税理士が「いつでもいい」と言うのも芸がないということで、決算…

会計王11から弥生会計への仕訳日記帳コンバータを作ってみました

私の事務所では会計ソフト間でデータやり取りをする際、「会計コンバータ2」というソフトを使っているのですが、これがなぜかソリマチ社の「会計王11」に未対応・・・。 運悪く会計王11のデータをコンバートする必要がでてきたので、エクセルでマクロを…

弥生認定インストラクターに合格しました

先々週の日曜日に試験を受けた、「弥生認定インストラクター」試験の合格通知がメールで届きました。 早速ではございますが、この度ご受験いただきました 弥生10シリーズ認定インストラクター試験の採点が完了いたしましたので、 次の通りご連絡差し上げます…

参謀役がアップデートになりました

お客様のところから戻ってくると、参謀役のアップデート版が届いていました。 この参謀役というのは、弥生会計の数字を取り込んで見栄え良い財務書類を作成したり、期末の数字のシミュレーションができるソフトです。 弥生会計の出力帳票が貧弱で、このソフ…

借入金を時系列にしてみると・・・

借入を申し込む際の補足資料として、エクセルで金融機関別の借入金の明細表を作ってみました。 3期分の決算書の要旨を入力すると、借入検討時の数字を自動計算するとともに、決算書と整合性が取れる金融機関別の借入金の明細表が作成できるようになっていま…

小さな会社の税効果会計

事務所HPのこちらのページで公開しているエクセルファイル、「税効果会計自動計算シート」についてコメントをいただくことがありました。 税効果会計のシートを利用させていただいております。 大変良いフォーマットですので、ぜひ利用したいと考 えていま…

振替伝票でもバインダでもなく・・・

ご新規の方に会計ソフトの入力方法を指導していると、「以前別のところで入力方法を教わった際には、振替伝票を使って入力するように言われたのですが・・・」と言われることがありました。 自分の本でも「かんたんな入力方法」としてお勧めしていますが、私…

まずは売上予算から

今日はお昼から、平日お忙しいお客様のところにお伺いしておりました。 経営計画を作って下さっているお客様で、毎回予算実績対比などを行うのですが、実績が予算と拮抗し、そして超えてくると、自然話も弾んできます。 「来期はちょっと売り上げが落ちそう…

エクセルでストラック図

前回の日記で、「アマゾンキャンペーンには、どんなものを提供すれば喜んでもらえるかな?」ということを書いたのですが、オリジナルファイルをダウンロードで提供する形が多いようでしたので、プレゼント用にとりあえず、エクセルのかんたんな個人事業用経…

借入余力検討シートを作ってみました

先日初めてお会いした方に、「うちの決算書みて、あとどれだけ借り入れできると思う?」と聞かれることがありました。借入余力を検討する場合、いろいろな要素を検討していきますが、要のひとつに資金使途と、返済原資を確保できるかどうかということがあり…

帳簿組織とパソコン会計

6月の初めから簿記教室の講師として、複式簿記による帳簿の作成方法を指導させていただいたのですが、昨日一通りのカリキュラムを終えることができました。 青色申告の概要に始まって、手書きを前提とした振替伝票の起票から元帳への転記、決算書の作成まで…

自社を客観的に見るには、月次キャッシュフロー表も有効です

サラリーマン時代、債権回収や与信管理の仕事をしていた際によく言われたことが、「中小企業の財務分析をするなら、P/LやB/S以上に金繰りもよく確認しておく必要があるよ。」ということがありました。 中小企業の決算書は客観的なチェックを受けていな…

小口の立替経費は、月一回の精算が楽ですね

小口現金を持っていると面倒なのが、立替経費の精算です。 個人事業と違って、役員や従業員などが立て替えた法人の経費は、法人から出金して精算しなければなりません。とはいえ数百円の電車代や文具代を毎回立替えては、会社の金庫から精算するのは面倒な話…

時価会計不況

今日の日経新聞の一面は、日米欧で時価会計を凍結という記事でした。 記事を読んで思い出したのが、田中弘先生の「時価会計不況」という新書本です。時価会計不況 (新潮新書)作者: 田中弘出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2003/05メディア: 新書 クリック: 28…

うらはら・・・

今週お客様のところにお伺いした際「固定資産買うとき、リースと割賦のどちらがいいの?」と質問を受けました。 どちらも金融機関の与信枠とは別枠ということになっているので、借入枠の温存という効果では同じですが 割賦の場合は取得の際 固定資産 ××/長…

研修会に行ってきました

今日はお休みをいただいて、近畿税理士会の『改正された「中小企業の会計に関する指針」と法人税実務』という研修会に行っていました。 近畿税理士会の研修は、無料や数千円の安い受講料の割に内容は結構充実していてありがたい制度です。 今回の研修では中…