夢見る税理士の独立開業繁盛記

神戸市東灘区で開業している駆け出し税理士の、試行錯誤日記

全員分の給与データを貼り付けて、継続雇用者分を抜き出すのが楽かな?

30年4月1日以降開始事業年度から適用される、新しい所得拡大促進税制。
今までよりは集計がかんたんになっているはずですが、どんな感じかなあと、とりあえず別表をエクセルにしてみました。
別表6(23)と
f:id:kobarin:20180719153602j:plain
その付表の二枚になるんですよね。
f:id:kobarin:20180719153613j:plain

集計が簡単になったとはいえ、雇用者給与等をいったん集計した後、その中から継続雇用者の給与等を抜き出す形になるみたいですが、
f:id:kobarin:20180719153622j:plain
継続雇用者は「当期と前期の全期間の各月において給与等の支給がある雇用者」なので、毎月の給与を貼り付けたうえで、全期間の毎月支給があるかどうかを判定させる必要がある感じですよね。
給与ソフトから以下のように、従業員データと二期分の給与データを吐き出して貼り付けて、
f:id:kobarin:20180719164543j:plain
そこから役員や国外勤務者などを除外して集計し、更に2年間毎月支給がある人だけを継続雇用者分として集計させるのが楽な感じでしょうか?
まあ手引きなどもまだ出てないみたいですし、ゆっくり考えてみたいと思います。


※今日のお昼は、アジフライ定食。
f:id:kobarin:20180719120746j:plain
やっぱり揚げたてのサクサクをいただくのはたまらないですね(*^^*)。


神戸市東灘区御影の会計事務所 小林敬幸税理士事務所です