夢見る税理士の独立開業繁盛記

神戸市東灘区で開業している駆け出し税理士の、試行錯誤日記

「こんなことできたらいいな・・・」が実現できるのがVBA

建設業許可を取っているお客様があると、毎年の決算変更届に必要な財務諸表の作成を依頼されることがあります。

この財務諸表、税務で作成した決算書を下記のような決められた書式に転記しなければならず、また若干勘定科目の組み換えも必要ということで、単純な割には結構面倒な作成作業になってしまいます。
f:id:kobarin:20170530180620j:plain

毎年発生するこの作業をどうにか楽に済ませたいと去年作成したのが、こちらのホームページからダウンロードできる「建設業許可決算書自動作成シート」です。
f:id:kobarin:20170530175657j:plain
弥生会計の試算表データをエクスポートして取り込むと、貸借対照表、損益計算書、完成工事原価報告書、株主資本等変動計算書をほぼ自動で作成します。
今年もこのファイルを使ったところ、前回まで決算書から手で転記して、勘定科目組み替えて、内容チェックしてという作業に数十分はかかっていたのが、今回は弥生会計からデータを出力して、取り込んで、内容チェックしてという感じで10分もかからず終わらせることができました。

このファイルのように個人的に「こんなことができれば楽なのに・・・」と思っても、ニッチすぎて他にニーズがないようなものの場合、それを自分で実現できるのがこのExcelVBAですよね。
VBAはパソコンにExcelが入っていればすぐに作成を始めることができますし、私のような文学部出身の人間でも、仕事の片手間に時々触っているだけでもなんとなく使えるレベルにはなるほどハードルは低いので、「この作業、単純なのに時間だけかかって本当に面倒・・・」というような作業があれば、VBAは頼りになる解決法の一つだと思います。
私もそうでしたが、「この毎日やってる不毛な作業を自動化出来たら、もっと早く帰れるのに」というような(不純な?)モチベーションがあれば、VBAは意外とすぐに使えるようになる気がしますね(^^;。


神戸市東灘区御影の会計事務所 小林敬幸税理士事務所です