読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢見る税理士の独立開業繁盛記

神戸市東灘区で開業している駆け出し税理士の、試行錯誤日記

「源泉所得税及び復興特別所得税の年末調整過納額還付請求書兼残存過納額明細書」にタイトルが変わっていたのですね

私の事務所のHPで公開しているエクセルシート、「源泉所得税の年末調整過納額還付請求書兼残存過納額明細書」ですが、「源泉所得税及び復興特別所得税の年末調整過納額還付請求書兼残存過納額明細書」にタイトルが変わっていたことをご指摘いただきました。ありがとうございますm(_ _)m。
修正したものをアップロードいたしましたので、ご活用いただければ幸いです。


この請求書、下記のようなケースの際に提出することになっていますが、「ハ」の場合は余程金額が大きい場合を除いて、滅多に使うことがないですね(^^;。

イ 解散、廃業などにより給与の支払者でなくなったため、還付することができなくなった場合
ロ 徴収して納付する税額がなくなったため、過納額の還付ができなくなった場合
ハ 納付する源泉徴収税額に比べて過納額が多額であるため、還付することとなった日の翌月から2か月を経過しても還付しきれないと見込まれる場合


受給者全員の印鑑をもらったり、下記のような添付書類が面倒なのですよね・・・。

(1) 受給者各人の「所得税源泉徴収簿」の写し
(2) 過納額の請求及び受領に関する委任状(連記式)
(3) 過納額を翌年に繰り越して還付しているときは、翌年分の「所得税源泉徴収簿」の写し
なお、この還付請求書に記載された事項その他還付の適否を判定するために必要な事項については、上記の添付書類とは別に税務署から説明資料を求められることがあります。


神戸市東灘区御影の会計事務所 小林敬幸税理士事務所です神戸市東灘区御影の会計事務所 小林敬幸税理士事務所です