読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢見る税理士の独立開業繁盛記

神戸市東灘区で開業している駆け出し税理士の、試行錯誤日記

意外に便利なWeb版e-taxソフト

2月決算の作業をやっていたとき、前々期の確定申告書を確認する必要があったのですが、諸事情で前期分の申告書のコピーしかもらうことしかできないことがありました。
「また閲覧に行かなあかんのかな・・・」と思ったのですが、運よく前の税理士さんが前々期も電子申告で申告してくれている様子。
電子申告さえしてくれていれば、利用者識別番号とパスワードで、事務所にいても提出された申告書や申請書を確認することができます。


e-taxソフトでもファイルを組み込んで確認することはできますが、こんなときお手軽なのがe-TaxソフトのWEB版です。
できる機能は以下の通りと限られているのですが、便利なのが(3)のオプション機能です。

1. e-Taxソフト(WEB版)の機能
(1)作成可能な手続き
e-Taxソフト(WEB版)では、以下の手続きを作成し、e-Taxへ送信することができます。


(2)送信結果の確認
メッセージボックスを表示して、送信結果を確認することができます。
なお、e-Taxソフト(WEB版)で作成・送信した手続きだけでなく、e-Taxソフトや民間の会計ソフトで作成した手続きの送信結果やその他お知らせ等も確認することができます。

(3)オプションメニュー
・申告・申請データ(拡張子「xtx」)の内容を確認することができます。
e-Taxから発行された納税証明書、電子申請等証明書、即時通知書(拡張子xml」)の内容を確認することができます。
また、各種証明書等(拡張子xml」)に付与されている署名の検証を行うことができます。

ボタンひとつで、申告・申請データの内容を、申告書の様式でPDFファイルで確認することができます。

「帳票表示」ボタンを押すと、法人税申告書でも消費税申告書でも、別途郵送資料以外はすべて申告書そのままの形で確認できます(*^^*)。


あとこれが便利なのは、お客様の方でもお気軽に使ってもらえることですね。
源泉所得税の徴収高計算書は電子証明書がいらないので、ICカードリーダやe-taxソフトの分かりにくい仕組を使わずとも、お客様のパソコンのブラウザ画面上から申告からネットバンキングでの納付まで、一連で簡単に行ってもらうことができるようになっています。
・毎月納付の場合
・非居住者・外国法人の所得についての所得税徴収高計算書
・報酬・料金等の所得税徴収高計算書
がある場合などは、納付書も書かなくていいですし、銀行窓口に行く必要もないので、かなりの手間の削減につながると思います。


神戸市東灘区御影の会計事務所 小林敬幸税理士事務所です