夢見る税理士の独立開業繁盛記

神戸市東灘区で開業している駆け出し税理士の、試行錯誤日記

税理士の英語訳は?

先日英文のメールをドイツ語圏の方とやりとりしてふと思ったのは、「税理士の英語訳って、なんていうのが適当かな?」ということです。
私がメールを送る際には、下記の署名のように「Licensed Tax Accountant」というようにしているのですが、果たしてこれで「税理士」ということが通じているのでしょうか?

Regards,
Takayuki Kobayashi
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
Takayuki Kobayashi Licensed Tax Accountant Office
E-mail:kobatax@kcc.zaq.ne.jp
URL:http://www.kcc.zaq.ne.jp/kobatax/
Tel:81-078-766-0801
Fax:81-078-766-7386
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


英語版Wikipediaを見ると、税理士は「Tax Adviser」という項目に含まれているようです。
Tax advisor - Wikipedia, the free encyclopedia
ドイツでは「Steuerberater」というような職業があるみたいですね。直訳すると「税金の相談者」みたいな感じでしょうか。
フランスでも「Conseiller fiscal」と呼ばれる職業があるようですが、こちらも「税金カウンセラー」みたいな感じですよね。

同じWikipediaのページでは、日本の税理士は「certified public tax accountant」となっています。日税連のHPもそうなっているようですが、なんだか会計士さんみたいな感じですね。
アメリカやイギリスでは、会計士さんや弁護士さんが税務もされるのですよね。確かにアメリカの方と話していて「Licensed Tax Accountantなんです」というと、「CPAですか?」というように誤解されたこともありましたし・・・。


「Licensed Tax Adviser」のような感じにした方が分かりやすいのでしょうか?違う文化圏の方に、独特の職業を紹介するのは難しいですね。


神戸市東灘区御影の会計事務所 小林敬幸税理士事務所です