読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢見る税理士の独立開業繁盛記

神戸市東灘区で開業している駆け出し税理士の、試行錯誤日記

偶然の連続

独立目指して

先週の土、日は東京方面にでかけておりました。


土曜日はお昼からは千葉県の市川で、税理士さんとの会合。

総武線でいったのですが、この黄色の電車を見ると、未だに水道橋にあった税理士の専門学校を思い出してしまいますね。もう7、8年前の話なのですが・・・。


夜は横浜の中華街で、旧知の公認会計士さんと会食。

最初に入った会社の2年先輩で、経理のイロハからエクセルの関数やマクロの使い方まで、いろいろなことを教えていただいた私の恩師です。
私が税理士を目指したのも、その先輩が在職中税理士の勉強をされていたことがきっかけでした。(その後会計士受験のために退職される際、「俺を見習うな」とは言われていたのですが・・・)。


「先輩のようなできる経理マンになりたい。」と確固たる信念もなく始めた税理士の勉強ですが、勉強を進めるうちに独立する事をぼんやりと考え始め、最後にはサラリーマンを辞めて本当に独立してしまいました。


今から思うと税理士になったのも、本当に偶然の連続でした。

  • 大学4年の春頃、就職活動に勤しんでいる同級生を後目に、教育実習に行ったりしていたら、いつの間にか就職活動のピークは過ぎてしまい、何とか1社だけ7月に面接してもらって内定をいただいたこと。
  • その会社に入社した際は法務部か総務部を希望したのですが、簿記も分からないのになぜか経理部に配属されたこと。
  • 独学で気楽に勉強していた日商簿記一級にたまたま一回で合格して、税理士の受験資格ができたこと。
  • そしてこの先輩を意識して、税理士の勉強を始めたこと。


この歯車が一つ違えば、今頃全然違う人生を歩んでいたのかなと思うと、なんだか不思議な気持ちになってしまいます。



神戸市東灘区御影の会計事務所 小林敬幸税理士事務所です