夢見る税理士の独立開業繁盛記

神戸市東灘区で開業している駆け出し税理士の、試行錯誤日記

普及させるつもりあるのかしら?

外出先から帰ってくると、税理士会の情報化対策部の方から税制改正大綱が公表された旨のメールが来ていました。
情報化対策部なので電子申告関連の部分のお話が出ていたのですが、「電子証明書等特別控除」については下記の通り。

電子証明書を有する個人の電子情報処理組織による申告に係る所得税額の特別控除について、税額控除額(現行:5,000 円)を平成23年分は4,000 円、平成24 年分は3,000 円に引き下げた上、その適用期限を2年延長します。

記帳指導に行った際など、時々「電子申告のメリットって何ですか?」と聞かれることがありますが、「税金が一回だけ5千円返ってきますけど、ICカードリーダーやICカードの取得で数千円必要ですね。」と答えると、「じゃあ、やらないです。」ということになってしまいます。
5千円でもそうなのに、4千円や3千円にしたらますますやりたいと思う人は少なくなるでしょうし、電子申告を普及させたいのならここは拡大すべきところだと思うのですけどねえ・・・。
電子申告で少なくなる手間と目先の税額控除を天秤にかけると、税額控除を減らす方がいいということなのでしょうか・・・?


※今日は珍しく寒い日。外出していると体も冷えたので、帰ってきて買っておいたレモンとショウガのお茶を出してみました。

熱いお湯を注ぐと、ショウガの香りが広がってほっとします。はちみつが欲しいところですね。


神戸市東灘区御影の会計事務所 小林敬幸税理士事務所です