夢見る税理士の独立開業繁盛記

神戸市東灘区で開業している駆け出し税理士の、試行錯誤日記

「税額控除が不要」という割り切り

このブログの検索履歴を見てみると、「税理士いらず」というキーワードでググっている人が結構いらっしゃるようで、その「税理士いらず」のホームページをのぞいてみました。
【税理士いらず】小規模法人のための決算書・申告書一括作成ソフト
この「税理士いらず」というのは、会計ソフトと申告書作成ソフトが一体となった、これ一つで小規模法人の確定申告一式ができて、価格も12,600円と格安のソフトです。


今回「税理士いらず」の仕様を改めて確認すると、申告書作成機能のうち別表六(一)や別表八は作成できないようになっているようです。その理由として、HPでは次のように説明されています。
【税理士いらず】ご利用に適している対象法人

「税額控除は不要」ということで、「より簡易化された申告書の記述」のため、別表六や八は不要と割り切ってしまっています。
税理士としては1円でも税金を少なくしたくなるので、少額でもつい所得税額控除や受取配当の益金不算入を申告したくなってしまいますが、それは税理士だけの都合で多くの方にとってはどっちでもいい話なのかもしれませんね。



神戸市東灘区御影の会計事務所 小林敬幸税理士事務所です