夢見る税理士の独立開業繁盛記

神戸市東灘区で開業している駆け出し税理士の、試行錯誤日記

独立開業体験記集を作成することになりました

私の所属する若手税理士の団体で、独立を目指している若い税理士さん向けに、独立開業体験記集を作成することになりました。
若い会員の中には勤務税理士をしながら、いつかは独立と考えている方が結構いらっしゃるので、そういう方が独立開業を決心するための後押しになればという企画なのですが、三十歳代、四十歳代で開業してそれなりに成功している会員も多いので、個人的にもそんな方の体験記を読んでみたいと楽しみな企画です。


税理士の場合、税理士になるまでにバックグラウンドもいろいろですし、事務所の運営方法も人によって全然違うので、以下のような項目のうち書ける部分について書いていただければなと思っています。

1、プロフィール

2、事務所概要

3、独立のきっかけ

4、事務所の選び方

5、独立形態の決定方法

6、事務員

7、開業資金の額と使途

8、使っている会計ソフト、税務申告ソフトなど

9、パソコン、複合機など

10、ある1週間の業務の流れ

11、顧問先獲得の方法

12、顧問先への対応で意識していること

13、本会会務、支部会務、青税活動などへの対応

14、プライベートはどうしているか

15、ズバリ開業前と開業後を比べて収入は?

16、事務所運営がうまくいくコツは?

17、独立にあたっての失敗談

18、独立してうれしかったこと

19、独立してから大変だった出来事

20、今、不安なこと

21、将来像

22、正直独立してどうか

まだ独立していない若い税理士さんとお話するときには、いつも独立開業を勧めてしまうのですが、税理士事務所は実際なかなか失敗しにくい業種だと思います。
税理士事務所は机とパソコンと電話があれば開業できるといいますが、他業種に比べると設備も仕入も大きな事務所も不要ですし、一人でやる場合には人件費も要らないので、大きく始めない限り設備資金や運転資金はほとんどかからないのですよね。
また資格業で参入障壁も高いので、比較的競争者も少ないと思います。

飲食業や小売業などの場合、多額の設備資金や運転資金が必要な上競争者も多く、今までも結構失敗事例を見てきて失敗したときのダメージの大きさも知っているので、うかつに開業を勧められませんが(^^;、税理士事務所の場合独立のリスクよりリターンの可能性が十分大きいような気がしますし、なにより周りの独立した税理士さんで失敗したという話を聞いたことがないのですよね。
この独立開業体験記集が、若い税理士さんの独立のきっかけの一つになればなあと思います。


※自分の開業体験記、とりあえず書いてみました。
f:id:kobarin:20170815091701j:plain
私も開業して来月でとうとう10年目になるのですよね。
私のような文学部卒で経理と債権回収と会計事務所の経験しかなくて、営業なんて到底できない人間でも、独立してそれなりに満足する結果になったと思っているので、そんな体験も誰かの参考になってくれるかなあ・・・。



神戸市東灘区御影の会計事務所 小林敬幸税理士事務所です