夢見る税理士の独立開業繁盛記

神戸市東灘区で開業している駆け出し税理士の、試行錯誤日記

上手く使えば早く帰れるExcelの力、伝えられるかなあ・・・?

税理士さん向けのExcelの活用方法の研修講師を依頼いただいたので、どんなことを紹介したらお役に立てるかなと、筆をなめなめレジュメを作っています。
f:id:kobarin:20170629181307j:plain
一番にお伝えしたいことは「データとして存在する取引記録を、会計ソフトに再度手入力することは愚の骨頂」、「仕訳帳など会計ソフトのデータは、そのまま色々な資料を作成する材料になる」ということですが、割と長丁場な研修になりそうなので、関数の使い方やショートカットなど基本的なこともお話ししようかなと考えています。


税理士登録して色々な税理士さんとお話しするようになってから時々感じることに、「会計ソフトと税務ソフトだけで、Excelをほとんど使わない会計事務所というのも結構あるんだなあ」ということがあります。

新卒で一般企業の経理になって以来、生の販売データや会計データを加工して、請求書などの外部向け資料や売掛金の回収状況などの上司・他部門への報告書類など毎日Excelでガンガン作成していたので、「経理業務にExcelは必須スキル」と思っていたのですが、会計事務所の場合は意外とそうでもない感じなんですよね。

  • 既にExcelに入力されたデータを印刷して、会計ソフトに打ち込みなおす・・・。
  • Excelの表にある数字を、計算機で足し算していく・・・。
  • 取引先ごとの売上金額の集計を、元帳を印刷して、マーカーを引いて、それを計算機で足し上げる・・・。

Excelに親しんできた人間から見たら悪い冗談としか思えない話を、知り合いの税理士さんから聞くたびにトホホな気分になっていたのですが、会計事務所は一般企業に比べて早くから専用機によるOA化が進んでいたことで、逆に専用機一辺倒になってExcelなどの汎用ソフトを使わなくても業務が回る環境が出来上がっているのかもしれませんね。


会計・経理業務とExcel、これ以上相性のいい組み合わせは滅多にないはずです。「会計ソフトと税務ソフトだけで十分」と思っている税理士さんや会計事務所の職員の方に、Excelを使えば早く帰れるからもっとExcelと仲良くなりましょうって、そんなことをお伝えできる研修にしたいなあと思います。


※味気ない文書にイラストでもと、レジュメにいらすとやさんの画像を使わせていただきました。
f:id:kobarin:20170629181320j:plain
宮本武蔵のイラストまであるのがすごいです(^^;。


神戸市東灘区御影の会計事務所 小林敬幸税理士事務所です