夢見る税理士の独立開業繁盛記

神戸市東灘区で開業している駆け出し税理士の、試行錯誤日記

社会保険の実務講座、申し込みました

というわけで、大原簿記がやっている実務講座の「社会保険コース」を申し込んでしまいました。
所得税コース、相続税コースに続いて、3つ目の挑戦。税理士試験を卒業しても、ちょくちょく専門学校のお世話になっています。

カリキュラムは

社会保険全体像と概要
改正社会保険の仕組み
被保険者・被扶養者異動届出
資格の取得・喪失
被扶養者届と第3号被保険者届
定時決定等・随時改定・算定基礎届の書き方
月額変更届と実務保険料の徴収方法の留意点
改正任意継続給付等
理論と実務の掛け橋・実践基礎書式研究
各種保険給付と基礎事例研究

源泉所得税や住民税と並んで給料から天引きされるのが、この健康保険や年金や労働保険料といった社会保険料です。源泉所得税を確定させるためには社会保険料の金額が分からないと駄目なので、基礎的な知識はもっているのですが細かいところはよく分かっていない私。
普段の仕事でもお客様から時々社会保険のことを聞かれたりすることがあるのですが、突っ込んで聞かれると「よく分からないので帰って調べます。」と逃げ帰ってくることが多く、恥ずかしい思いをすることがよくあるのですよね。


この講座でちゃんと勉強して、そのあたりの弱点を克服するぞ!