読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢見る税理士の独立開業繁盛記

神戸市東灘区で開業している駆け出し税理士の、試行錯誤日記

売上ランキングをどう使うのか?

前回の日記でおまけで作ってみた、売上の得意先別のランキング表。使いどころをちょっと考えてみました。
f:id:kobarin:20150720175312j:plain
やっぱり一番利用できそうなのは、今後の営業方針の参考資料としてですよね。
得意先別の原価を別途集計して粗利率を出した後、
・売上割合が大きく粗利率が低い得意先については、粗利率の向上を検討する。
・粗利率が高く売上の割合が少なめな得意先は、売上の向上を検討する。

またできるだけ顧客内における当社シェアを把握して、粗利率が高く伸びしろがある得意先はシェアアップを図り、伸びしろが少ないところはシェアの維持を検討することになるのでしょうか。
併せて特定の得意先に売上割合が偏っている場合には、もしもの場合の影響を軽減するためにも、偏りを均すことも検討すべきなのでしょうね。

会計データだけからは売上金額しか分からないので、分析方法も限定的ですが、他のデータと組み合わせてうまく活用したいところです。


神戸市東灘区御影の会計事務所 小林敬幸税理士事務所です