読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢見る税理士の独立開業繁盛記

神戸市東灘区で開業している駆け出し税理士の、試行錯誤日記

別々のセルに入力されている年月日を、エクセル形式に変換する方法

Excelのこと

法定調書、給与支払報告書、償却資産税申告書の提出が終わると、いよいよ所得税の確定申告に突入です。普段は記帳代行をしていない私の事務所も、この時期だけはある程度入力作業がでてきます。

手前味噌ながら、こういった場合に役立つのが私の作ったエクセルファイル「預金通帳明細→弥生会計仕訳日記帳 変換シート」です。
f:id:kobarin:20150125173213j:plain
このファイルは、通帳のデータのうち日付と入出金金額、摘要を張り付けると、自動的に弥生会計にインポートできるデータを生成するもので、データさえあれば一瞬で預金出納帳ができてしまうので自分でも重宝しています。

今回早々に資料として銀行のデータをいただいたのですが、開いてみると下記のように「年」「月」「日」が別々のセルに入力されているので、エクセル形式での日付入力が必要な先ほどのファイルには、そのまま使うことができません。
f:id:kobarin:20150125173813j:plain
こういった場合には、「&」を使うと一つのセルにデータを結合して、エクセルでの日付として扱うことができます。
上記のようなデータの場合、数式に「O2&"/"&P2&"/"&Q2」という感じでデータを&でつなぎ、間にスラッシュを入れれば、エクセルでも日付として使うことができるようになります。

手元に入出金などの記録がデータである場合、これを手で入力しなおすのは本当にもったいない話です。こういった自動変換と取り込みは、簡単にあっという間に作業が完了します。ぜひ一度お試しくださいませm(_ _)m。


神戸市東灘区御影の会計事務所 小林敬幸税理士事務所です