読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢見る税理士の独立開業繁盛記

神戸市東灘区で開業している駆け出し税理士の、試行錯誤日記

居住用宅地と事業用宅地の併用ってかなり強力

相続税・贈与税

「改正後の制度で相続税のシミュレーションをしてくれませんか?」とお願いされることがあったので、エクセルでのシミュレーションシートを検討してみました。
作成しながら影響が大きいなあと思うのは、小規模宅地等の減額で特定居住用宅地等が330㎡になって、特定事業用宅地等との完全併用ができるようになったことですね。
f:id:kobarin:20150121190040j:plain
730㎡で80%、やっぱり実際に計算してみると効果が実感できます。特定同族会社事業用宅地等は今まで以上に有効になるのかなとおもったり・・・。


しかし相続税の試算や二次相続のシミュレーションに加えて、どういったことを提案するのがいいのでしょうね?
f:id:kobarin:20150121190048j:plain

f:id:kobarin:20150121185611j:plain
相続税業務の経験が少ないと、シミュレーションの段階でも悩んでしまいます(^^;。


※土曜日は人前で、独立開業体験記?を話することになってしまいました。
f:id:kobarin:20150122193126j:plain
私みたいなのんびりやっている税理士が、こんな話をしてもいいのかしらん。悪い意味でのリアルが分かってしまうような気もしますが・・・。


神戸市東灘区御影の会計事務所 小林敬幸税理士事務所です