夢見る税理士の独立開業繁盛記

神戸市東灘区で開業している駆け出し税理士の、試行錯誤日記

配偶者に寄せるか?次代に回すか?

先週から少しづついじっている、「不動産所有法人による相続税所得税法人税シミュレーションシート」。
今日は相続税の計算部分を作成してみました。

平成27年以後の改正後の控除額で計算してみて感じるのは、当たり前ですが、少額の財産でも結構な税額になるんだなあということ。
その一方で配偶者の税額軽減額は変わっていないので、配偶者に財産を寄せることによって、今まで以上に一次相続の税額が減ることになります。
配偶者に財産を寄せてしまって、とりあえずの税額を減らすのか?二次相続を考えて、ある程度は次代に回すのか?
そこに不動産所有法人による財産移転と、節税シミュレーションを盛り込めれば、面白いものができるかもしれませんね。


神戸市東灘区御影の会計事務所 小林敬幸税理士事務所です