読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢見る税理士の独立開業繁盛記

神戸市東灘区で開業している駆け出し税理士の、試行錯誤日記

常勤役員を非常勤にしてみると・・・

最近聞かれて悩ましい質問に、「社会保険料がどんどん上がってくるんだけど、どうにかならないの?」というのがあります。
兵庫県だと保険料率は、法人・個人両方で給与に対して約28%にもなってしまっているのでそう思うのも当然なのですが、ちょっと考えてみました。


役員の場合非常勤だと被保険者にならずに済むので、常勤役員を非常勤役員にするとどうなるのか試算してみました。
たとえば夫婦2人で夫800万円、妻400万円の合計1,200万円の役員報酬を、夫1,099万円、妻101万円と所得税と社保両方に扶養の範囲内にした場合・・・。

所得税配偶者控除が38万円増え、

社保は妻が2号から3号に変わるので、妻の分の社会保険料負担がなくなります。
一方、法人負担分の社保が減ると、法人税等は若干上昇します。


その結果・・・。

税負担が50万円ほど上昇して、社保の負担が70万円ほど減る・・・。微妙な感じですね。
ただ夫婦で均等に割るよりは、一方を社保の被保険者から外す方が負担は減るのですよね。法人税等の負担が減って、社保の負担が上がってきている結果でしょうか。
社保がなければ、税負担のシミュレーションも簡単になるのですけどね(^^;。


※明後日は東京で中小企業大学校の研修です。

朝早いので明日の夕方、仕事が終わってから向かいます。


神戸市東灘区御影の会計事務所 小林敬幸税理士事務所です