夢見る税理士の独立開業繁盛記

神戸市東灘区で開業している駆け出し税理士の、試行錯誤日記

個人事業と資金繰り表

個人事業の方に月次の試算表を説明していると、「損益計算書もいいけれど、現金ベースの増減も知りたいな」と言われることがあります。
そんな場合、弥生会計の実績資金繰り表のデータから、下記のような帳票を作成して説明するようにしています。

弥生会計資金繰り表はそのまま印刷すると見づらいので、CSVデータを貼り付けるだけで、同じ内容のものをエクセルの一枚ものの表にできるファイルを使って作成しています。


弥生会計の実績資金繰り表は、以下のように、原因別の資金の増減を自動的に計算してくれます。

「経常収入」が売上で今月入ってきたお金
「経常支出」が、仕入と経費支払で出て行ったお金
「差引経常収支過不足」が、本業で稼いだお金
そこから、借入金を返済して、「その他財務等支出」で事業主貸勘定で生活費で家に持って帰って、残った事業のお金が月末資金。ここから社会保険料と税金を払う必要があるので、ある程度キープしておいてくださいね・・・。

と説明するとうなづいてくださるので、分かりやすいのかなあと思っています。
個人事業の場合、所得税や消費税の納税予測はするのですが、社会保険料事業主が自分で支払う必要があるので、その点も押さえて資金繰りを考えておく必要があるかもしれませんね。


弥生会計の社長さんにツイッターで著書を紹介いただきました。感激です!ありがとうございますm(_ _)m。
Welcome to Twitter - Login or Sign up
しかしツイッター、未だに使い方がよく分からない・・・。


神戸市東灘区御影の会計事務所 小林敬幸税理士事務所です