夢見る税理士の独立開業繁盛記

神戸市東灘区で開業している駆け出し税理士の、試行錯誤日記

「はじめに」が一番大事

10月予定の本ですが、先日再校正の原稿をいただき、何とか本日校閲終了。
原稿の一番おもての「はじめに」を眺めていると、先日大原簿記の座談会の際にご一緒した、税理士の山下先生とお話をした際、「本を書くとき一番大事なのは『はじめに』と『おわりに』ですよ。」というアドバイスをいただいたことが思い出されました。


「読者の心を最初につかむかどうかは、『はじめに』にかかっていますよ。私は、『はじめに』を書く技術を磨くだけでも、すごい勉強しましたし・・・。」
業種特化して大成功されている上に、著書も何冊もお持ちの先生のお言葉だけに、印象深く、説得力のある一言でした。
私の「はじめに」は、どうなのでしょうか?心を入れて書いたつもりですが、『はじめに』を書くテクニックを勉強したことはもちろんないので、果たして合格水準にあるのかどうか・・・。


山下先生といえば、今月「歯科医院の資産形成ノウハウ」と言うテーマで、下記のご自分の著書をテキストにお話をされる会を開催されるので、早速参加申し込みさせていただきました。

キャッシュ最大化計画(歯科医院経営実践マニュアルvol.15)

キャッシュ最大化計画(歯科医院経営実践マニュアルvol.15)

いろいろと有意義なお話を聞くことができそうで、本当に楽しみです(*^^*)。


神戸市東灘区御影の会計事務所 小林敬幸税理士事務所です
神戸で決算・確定申告を依頼するなら『決算サポート.net』【神戸の税理士】