夢見る税理士の独立開業繁盛記

神戸市東灘区で開業している駆け出し税理士の、試行錯誤日記

名古屋まで勉強会にいってきました

土曜日は名古屋まで、税理士の勉強会にいっておりました。
勉強会あり、親睦会ありの楽しい集まりでしたが、その中でも特に嬉しかったのが、日本大学の北野弘久先生のお話を初めてきくことができたことでした。


80歳近いお歳ながら矍鑠とした話しぶりにも驚きましたが、それ以上に印象深かったのは「現在、年収200万円未満の人々が存在していることは、憲法違反の状態が継続していることであり、国家の怠慢でありおかしい・・・。」と繰り返し語っていらっしゃったことでした。


税法や商法といった末端から法律の勉強を始めた身にとっては、憲法はあまりにも大きすぎるというか掴みどころがなく、普段はあまり意識していないのですが、こういった視点で考えるものなのですね。
憲法25条が「健康で文化的な〜」という生存権について規定していることは中学生のころから知っていましたが、それに照らして現在の状況が憲法違反になるという考え方には到底結びつかず、「国家の怠慢」の考え方はまさに目から鱗といった感じでした。
こういった考え方は、法律を基礎からやらないとやはり身に付かないものなのでしょうかねえ・・・。


神戸市東灘区御影の会計事務所 小林敬幸税理士事務所です
神戸で決算・確定申告を依頼するなら『決算サポート.net』【神戸の税理士】