夢見る税理士の独立開業繁盛記

神戸市東灘区で開業している駆け出し税理士の、試行錯誤日記

固定費比率が高いと・・・

朝、商工会議所より一枚のFAXが送られてきました。
新型インフルエンザのため、市内の学校や高齢者介護施設の休校・休所が決まったという内容の連絡でした。

5月18日(月曜)9時50分 神戸市新型インフルエンザ対策本部決定事項
神戸市内における新型インフルエンザ患者の発生により、厚生労働省及び兵庫県の要請を踏まえて、神戸市として市内全域について次のことを決定する。 いずれの対応も当面5月22日(金)までとする。

学校・保育所・高齢者通所介護施設
市立幼稚園・小学校・中学校・高校・特別支援学校は休校とする。私立学校・大学には休校を要請する。
市立学校は修学旅行を延期する。(私立学校にはその旨要請する)
保育所・デイサービス・デイケアなどの高齢者通所介護施設・障害者通所施設などは休所する。すでに来所された方の迎えをお願いする。

当然の措置ではありますが、学校はともかく高齢者通所介護施設・障害者通所施設が強制的に休所させられるのはきびしいですよね。
こういった施設は、家賃や人件費や減価償却費といった固定費が経費の大半で変動費が限りになくゼロに近いので、売上がゼロになったらダメージ直撃ということになりますし。補償とか検討されているのでしょうか?


神戸市東灘区御影の会計事務所 小林敬幸税理士事務所です