夢見る税理士の独立開業繁盛記

神戸市東灘区で開業している駆け出し税理士の、試行錯誤日記

利益率とつまみ申告

脱税のニュースを見ていると、東京の司法書士さんが9,000万円脱税というものがありました。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081212-OYT1T00035.htm?from=navr
手法としては、売上のうち一部だけを申告してあとは除外するという「つまみ申告」をやっていたとのこと。わざわざ仮装・隠ぺいを行わないため、単純な手法の一つです。


この「つまみ申告」、仕入がある業種で行うと一般的に売上が減少して仕入がそのままになるので、粗利率がぐんと落ちてしまうのでどうしても目立ってしまいます。
ですが士業の様に労働集約型の固定費率が高いサービス業であれば、売上に経費が比例しないため「利益率の異常な変動=即『つまみ申告??』」とならないため、つまみ申告は魅力的に見えてしまうのでしょうね・・・。
特に今回の過払い訴訟などの場合、依頼者がその報酬を帳簿に計上することもなければ支払調書を作成して税務署に提出することもないでしょうから、いけると踏んだのでしょうかね(^^;。士業の場合ばれた場合の代償として、業務停止や資格はく奪などがあるので、職を賭するだけの事情があったのでしょうか?

隠した所得がそのまま預金に入っていたというところが、場当たり的にやった感を思わせますが・・・。


神戸市東灘区御影の会計事務所 小林敬幸税理士事務所です