読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢見る税理士の独立開業繁盛記

神戸市東灘区で開業している駆け出し税理士の、試行錯誤日記

「Q&Aメディア、エンターテイメントビジネスの税務」を読んだこと

元調査官の税理士さんが著された、事例をメディアやスポーツ、アート業界などに絞って書かれた、報酬や非居住者への支払いの源泉徴収の要否の事例集です。

Q&A メディア、エンターテイメントビジネスの税務―わかりやすい報酬・料金、非居住者等所得の源泉所得税

Q&A メディア、エンターテイメントビジネスの税務―わかりやすい報酬・料金、非居住者等所得の源泉所得税

源泉所得税のなかでも、取扱いが比較的はっきりしているところは省いてしまって実務上判断に迷ってしまうようなところに重点を置いた事例集ですが、解説やコラムも充実していて読み物としても面白く、頭から読みとおしてしまいました。
スポーツ業界や非居住者への支払の源泉所得税の話は、会社員時代にさんざん悩まされたところで苦笑いしながら読むことができ、またゲーム業界やマスコミがらみの箇所は知らない業界でもあるので新鮮で楽しく読み進めることができました。


所得税は理屈の通らないところが多い税法ですが、報酬や非居住者への支払いに際する源泉徴収の要否もその一つです。
源泉徴収が必要な報酬の支払いは「限定列挙」ということで、条文の中で必要なもののみ限定されています。裏を返せば、条文の中に定められていないものについては、源泉徴収は全く不要ということになってきます。
とはいえ現実には様々な報酬の形態があるわけで、源泉徴収の要否について迷ってしまうこともしばしばでてきます。
「なぜこの報酬は源泉徴収が必要で、あの報酬は源泉徴収が不要か」ということに特に理屈がないため、結局報酬の内容を見極め、条文にあてはめて源泉徴収の要否を判断していくことになるのですが、この本はその見極めの方法を調査官の目から説明されているので、今後悩んだり揉めたりした時は参考にしていきたいと思います。


神戸市東灘区御影の会計事務所 小林敬幸税理士事務所です