読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢見る税理士の独立開業繁盛記

神戸市東灘区で開業している駆け出し税理士の、試行錯誤日記

「税理士が図解式で書いた事業承継のしくみ」を読みました

今月より事業承継をテーマとする税理士さんの勉強会に参加させていただくことになりました。

事業承継については、5月に成立した経営承継円滑化法で決まった

  • 株式の8割部分に係る納税猶予
  • 遺留分に関する民法の特例
  • 新設される制度融資

に加えて、改正が予定されている

  • 相続税の遺産取得税方式への変更

とネガティブな内容が多い昨今の税制改正の中、納税者側にもメリットが大きいダイナミックな改正になっています。ここは頑張って勉強して、しっかり対応できるようにならないと!



というわけで勉強会で教科書として指定されたこちらの本を購入。
著者をみると、あの右山事件の右山先生の研究会なのですね。

税理士が図解式で書いた事業承継のしくみ

税理士が図解式で書いた事業承継のしくみ

タイトルにもあるように、表や図解がふんだんに使われていて、内容も一般向けに平易な文章で書かれています。
初めに事業承継一般の流れや手続き、気をつけるべき点の説明があり、その後に今回の制度改正の内容が続くという構成になっているので、事業承継の実例に触れたことのない私にとっては実にわかりやすい構成になっていました。
事業承継については今後需要も増えてくることでしょうし、しっかりノウハウを身につけて自分の強みの一つにしたいものです。


もう一冊の教科書は、オーソドックスな感じの解説書。

こちらも早く読まないと・・・。