読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢見る税理士の独立開業繁盛記

神戸市東灘区で開業している駆け出し税理士の、試行錯誤日記

「悪の会計学」を読んだこと

次々とハイペースで税金がらみの本を上梓される、大村大二郎さんの最新作。

悪の会計学 キレイごと一切なしの裏会計入門

悪の会計学 キレイごと一切なしの裏会計入門

読後の感想は「少し『悪』や『ウラ』という言葉に囚われすぎているのかな?」という感じでした。
内容は前回読んだこちらの本「なぜあのサラリーマンは税金を払っていないのか」を読んだこと - 夢見る税理士の独立開業繁盛記の非課税の現物給与による節税方法を抜き出して会社側から書いているだけで、『悪』というには少しおおげさかなといった印象でした。前振りとしての調査官の経験譚の後は、法人の節税策としては至極全うな現物給与の利用方法にほぼ終始するような感じです。これが「悪の会計学」なら、普段「法人成りしたらこんな節税方法もありますよ。」なんていっている私もきっと小悪党の仲間入りですね(笑)。



少し前に読んだこちらの本は結構面白く読むことができたのですが・・・。

この人の本は数冊拝読させていただきましたが税務調査がらみの著書は面白いなと思う反面、その他の分野の本は「??」という印象を受けることが多いような感じです。