夢見る税理士の独立開業繁盛記

神戸市東灘区で開業している駆け出し税理士の、試行錯誤日記

非営利会計はパラレルワールド

公的機関に勤める学生時代の同級生から「消費税について教えて欲しいのだけど・・・。」という電話がありました。
嫌な予感がしたのですが、話を聞いてみたところ案の定、非営利会計での消費税の計算方法の話でした。
非営利法人の消費税の計算方法は、営利法人や個人事業者の消費税の計算方法と違って若干複雑なところがあります。その上一般的な会計事務所な今の勤務先では滅多にお目にかからないので、なんとなく苦手意識を持っているのですよね。
とはいえ私も一応税理士のはしくれ。「非営利会計は苦手なんよ。」なんていうのは沽券に関わりますし、架空の非営利法人の収支計算書を作って、簡単に説明してみました。

特定収入割合とかちょっとややこしかったし、分かってもらえたかしら?


苦手意識といえば、非営利会計自体にも少なからず苦手意識を持っていたりします。NPO法人の会計など一通り軽く勉強したのですが、未だに「一取引二仕訳」など出てくると「???」となって頭がこんがらがってしまうことがあるのですよね。非営利会計も複式簿記をベースにしている点では営利法人の会計と同じなのですが、作成する財務諸表が営利法人と違うものがあったり、拠るべき会計基準も全く別なので、見ているうちになんだか分かっているような分かっていないような、妙な気分になってしまいます。パラレルワールドというものがあるのなら、こういう気分になるものなのかもしれませんね。


しかし将来独立したらNPO法人とか宗教法人などの仕事もする可能性がありますよね。早く苦手意識を克服してしまいたいものです。