読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢見る税理士の独立開業繁盛記

神戸市東灘区で開業している駆け出し税理士の、試行錯誤日記

値決めって難しい・・・

2月に入り記帳指導も最終局面。一件ごとに今まで指導してきた帳簿を基に決算書を作り、そこから申告書を作って文字通り一件落着となるのですが、最近よく聞かれるのが「もし顧問契約をお願いしたら、いくらぐらいになるのでしょう?」ということ。


顧問契約を結ぶ場合当然ですが顧問報酬をいくらにするか決めなければなりません。一応独立した場合に備えて売上金額を基準にした報酬規定は考えて準備しているのですが、帳簿を見ている以上相手の懐具合も何となくわかるわけで。自然報酬規定の金額を基礎として、帳簿の整備状況や作業量、それに懐具合を勘案して報酬額を交渉していくことになります。


サラリーマン時代経理や債権管理などの事務方の仕事ばかりで営業の経験がないので、こういう場合どういう風に交渉すべきなのか、いろいろ迷ってしまうのですよね。原価のない仕事だけに、何を基準に値決めしていいのかまだよくわからない部分があります。


今日お会いした方とは何とか話がまとまって契約締結にあいなりました。あとはボスにはんこをもらうだけ(補助税理士の悲しいところです)。今後信頼を積み上げて、いい関係を築ければいいのですけれど。