夢見る税理士の独立開業繁盛記

神戸市東灘区で開業している駆け出し税理士の、試行錯誤日記

宅急便と売上の相関関係

宅急便と言えば、ボスから「収入と費用に相関関係がないような業種は、運送費や旅費交通費から売上もれをチェックするのも一つの方法。」と教えられたことを思い出します。
材料費が極端に少ない外注加工業やそもそも原価が存在しないコンサルティング業は、売上に費用が比例しないため多少売上の計上がもれてしまっても帳簿に違和感が出にくい業種なので、請求書や売上台帳と帳簿の売上の突合はもちろん、時々は得意先台帳と送り状も突合して得意先台帳にない送り先について確認することも大事と諭されて、なるほどねえと感心したことがありました。


なので時々宅急便の送り状などをチェックしては、「それはサンプルの発送なので売上との関係はないんですよ。」などと一々確認したりするのですが、ちょっと細かすぎるかもしれませんね(笑)。