夢見る税理士の独立開業繁盛記

神戸市東灘区で開業している駆け出し税理士の、試行錯誤日記

支部の新入会員紹介にはバッジはつけるべき?

5月の伝達式でいただいた税理士バッジですが、つけることなく引き出しのなかで眠っています。
着用すべきということでしたが、ボスもつけていない手前つけることははばかれますし、ここ最近は上着を着ていないので横着させていただいています。
税理士証票は常に携帯していますが、バッジの方はどういう場では絶対着用しなければならないのか、実はよくわかっていなかったりします。普段の仕事では私が何者か知らない人と会うこともないですし、まあいいのかなあと自己判断していますが。


しかし来週は記帳指導相談員の講習会と支部の新入会員紹介に出席することになっています。きっとそういう場ではつけるべきなのでしょうね。記帳相談の場では、初見の方々に税理士として最低限の知識は持っていることを担保することになるでしょうし。
とりあえず上着とバッジを持って行って、状況に応じてつければいいのかな(笑)。



p.s. バッジといえば受験生時代、法人税法を習った専門学校の女性の先生が時々仕事の都合か着用されていたことがありました。スーツ姿にキラリと光るバッジがいかにも颯爽とした雰囲気をかもし出していて、つい見とれてしまったことがありました。かっこいい人はかっこいいのですよね。