読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢見る税理士の独立開業繁盛記

神戸市東灘区で開業している駆け出し税理士の、試行錯誤日記

「なるほど会社法」を読んだこと

今週の月曜日は民法・会社法の研修でした。 講師は母校の法学部の先生で講義自体は楽しいものでしたが、しょせん一日の研修。内容は本当にさわりでしかありません。 そんな講義の合間、隣に座っていた税理士さんも新人の税理士さんで色々と話をしていたので…

「たった3秒のパソコン術」を読んだこと

普段文庫本でこういった感じの実務本はあまり買わないのですが、「読むだけで別人」というサブタイトルに触発されてつい買ってしまいました。たった3秒のパソコン術 (知的生きかた文庫)作者: 中山真敬出版社/メーカー: 三笠書房発売日: 2008/04/21メディア: …

「よくわかる国際税務入門」を読みました

税法学の世界では超有名な、三木義一先生の国際税務へのエントリー本。学生向けですが、私のような駆け出しの税理士にもちょうどいいレベルの本になっています。よくわかる国際税務入門 (有斐閣選書)作者: 三木義一,前田謙二出版社/メーカー: 有斐閣発売日: …

「中小企業財務の見方超入門」を読んだこと

タイトルの通りベテランの銀行員さんが初めて融資担当になった新人さん向けに、融資先の中小企業の決算書の見るべきポイントを簡潔明快に解説された入門書。 銀行員の経験はないですが私も以前債権管理部門の仕事についた時、先輩から「中小企業の決算書は大…

『セレブな決算書、メタボな決算書』を読んだこと

昨日の日記で、「法人成りした場合の法人の決算は赤字にするのがセオリー」と書きましたが、そうしてしまうと節税にはなりますが決算書がボロボロで見栄えの悪いものになってしまうのもまた事実です。 決算書の見栄えといえば、先日本屋さんの店先でつい買っ…

「Mac快適導入BOOK」を読んだこと

マックからウィンドウズに乗り換えてほぼ5年になりますが、この頃焼けぼっくいに火がついたような感じで、マック購入したい熱が急上昇中です。最近のマックがどんな感じなのかなと、下記のムックでちょっと勉強してみました。Windowsユーザーに贈るMac快適…

十八史略を読んでいます

最近、徳間文庫で刊行された十八史略を読んでいます。十八史略〈1〉覇道の原点 (徳間文庫)作者: 丸山松幸,西野広祥,『中国の思想』刊行委員会出版社/メーカー: 徳間書店発売日: 2006/10メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 3回この商品を含むブログ (1件) を…

「税務調査のための証拠資料の作成・管理実務」を読んだこと

先月の無予告調査以来税務調査がマイブームになっている私。先月の調査の際も調査官が終日ため息をつきながら帳簿を繰っていたり、口をくの字型に曲げてタバコをふかしつつ給与台帳とにらめっこしているのを眺めながら、どういうところに注目しているのかな…

「国家の品格」を読んだこと

読むつもりはなかったのですが、ボスに「ひまつぶしにでも。」と渡されたので電車の中で流し読み。国家の品格 (新潮新書)作者: 藤原正彦出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2005/11メディア: 新書購入: 5人 クリック: 255回この商品を含むブログ (916件) を見る…

「税務調査のチェックポイント」を読んだこと

元税務調査官が、調査官の視点からの税務調査のノウハウを書いた本。税務調査のチェックポイント作者: 大村大次郎出版社/メーカー: データ・ハウス発売日: 2007/10/17メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 2回この商品を含むブログ (3件) を見る先日同じ作者…

売掛金は腐る

債権奪還 (講談社文庫)作者: 高任和夫出版社/メーカー: 講談社発売日: 2007/08/11メディア: 文庫この商品を含むブログ (3件) を見る某大商社の審査部門で勤務なさっていた方の著書。ありふれた中堅サラリーマンの心情の描写が本当に上手くて、サラリーマン時…

「なぜあのサラリーマンは税金を払っていないのか」を読んだこと

今年の夏に東京の友人のところに遊びに行ったとき、「サラリーマンでもできるような節税方法はないのか?」という質問を受けました。 ちょうど外資系の会社に転職して給料もぐっと上がったという話だったので、「父親が扶養控除にしている家族を、自分の扶養…

「くるくるシニカル―帰ってきたツネコちゃん」を買ったこと

ひさしぶりにコミックを発売日に購入してしまいました。くるくるシニカル―帰ってきたツネコちゃん (花とゆめCOMICS)作者: 玖保キリコ出版社/メーカー: 白泉社発売日: 2007/09/05メディア: コミック購入: 2人 クリック: 79回この商品を含むブログ (18件) を見…

私にもわかる帝国データバンク調査報告書

前回の日記で書いた経常収支比率表ですが、こんな簡単な計算書でも対象会社の決算書がなければもちろん作れません。銀行などこちらの方が強い立場にあるのなら、決算書や申告書を出すようにお願いできるところですが、普通の会社が販売先の会社を分析する場…

取らぬ狸の皮算用

ボスから万が一記帳指導で顧問契約につながるようなことがあれば基本的に自分で責任をもってやってくれといわれているのですが、昨日の記帳指導で「顧問契約お願いするかも。」ということをいわれたので、以前買っていた以下の本を参考に念のため契約書の文…

ひさしぶりの六法

今日はいよいよ会社法の研修。 税理士になって初めての研修でもあるので、結構わくわくしています。 一応会社法の研修なので法規集を持っていこうと思ったのですが、手元にあるのは会社法施行前の商法しか載っていない六法・・・。ポケット六法〈平成19年版…

「税理士のための法人税実務必携」を買ったこと

某税理士専門学校の有名講師が著されている、法人税の実務本。今年もまた最新版が出ていたので、速攻買ってしまいました。今回で5冊目、いわば私の虎の巻です。税理士のための法人税実務必携〈平成19年版〉作者: 備後弘子,勝山武彦,堀三芳出版社/メーカー: …

決算書が「ぬり絵」でスラスラわかる

こんなにカンタン! 決算書が「ぬり絵」でスラスラわかる本作者: 池永章出版社/メーカー: 日本実業出版社発売日: 2007/07/12メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 4回この商品を含むブログ (2件) を見るという本が近刊されるらしいです。 「ぬり絵」で…

「餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?」を読んだこと

餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?作者: 林總出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2006/09/29メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 15人 クリック: 154回この商品を含むブログ (115件) を見る財務諸表の読み方と簡単な管理会計を説明した入…

「不思議の国の会計学」を読んだこと

不思議の国の会計学―アメリカと日本作者: 田中弘出版社/メーカー: 税務経理協会発売日: 2004/08メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 2回この商品を含むブログ (1件) を見る以前買っておいてなかなか読む時間がなかったのですが、この3連休でちょっとまとま…